第9回全養協フォーラム~日本語教師の多様化と求められる専門性・資格(現場で望まれる教師像に迫る)~


第9回全養協フォーラム

第9回全養協フォーラム「日本語教師の多様化と求められる専門性・資格」

 ≫ ダウンロード(ポスター A2サイズ)

 ≫ ダウンロード(チラシ A4サイズ)

 

日本語教師の多様化と求められる専門性・資格

~現場で望まれる教師像に迫る~

日時:2010年10月30日(土)13:30~16:30(13:00開場)

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟4階 セミナーホール(417)

 

 全国日本語教師養成協議会では、日本語教育及び日本語教師の質的向上を目的に、毎年、全養協フォーラムを開催しています。

 第9回全養協フォーラムでは、「日本語教師の多様化と求められる専門性・資格」と題し、多様化する日本語教育の現場で望まれる教師像について考えていきます。

 日本語教師養成講座の在籍生は、年齢や背景も様々です。講座修了後は、各々の経験を活かして日本語教育の現場で活躍しています。
 昨今の多様化する日本語学習者に応じて、日本語教育の現場は、ビジネス日本語教育・年少者教育・進学予備教育・生活者への日本語教育支援・技能実習生への日本語教育…等々多岐に渡っていますが、現場ではどのような教師が求められているのでしょうか。また、期待される専門性・資格はどうあるべきでしょうか。

第1部では、 西原鈴子氏をお招きし、「日本語教師の多様化と求められる専門性・資格」についてお話しいただきます。

第2部では、様々な日本語教育の現場を取り上げながら、「現場で望まれる教師像」についてパネルトークを行います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

~ プログラム ~

第1部 基調講演

「日本語教師の多様化と求められる専門性・資格」

講師: 西原 鈴子氏(文化審議会会長、元日本語教育学会会長、元東京女子大学教授)

 

第2部 パネルトーク

「現場で望まれる教師像とは」

パネリスト:

遠藤 由美子氏(アークアカデミー)

小山 紀子氏(千駄ヶ谷日本語教育研究所)

佐々木 綾氏(静岡日本語教育センター)

黒崎 誠氏(ラボ日本語教育研修所)[司会]

  

参加費:1,000円(資料代。送料含む)

※後日、フォーラム報告書をお送りいたします。

 

主催:

一般社団法人 全国日本語教師養成協議会

後援:

独立行政法人 国際協力機構、独立行政法人 国際交流基金、特定非営利活動法人 国際日本語研修協会、

大学共同利用機関法人 国立国語研究所、東京ボランティア・ネットワーク、社団法人 日本語教育学会

(一部申請中)

協賛:

株式会社アスク出版、株式会社アルク、イカロス出版株式会社、株式会社スリーエーネットワーク、

株式会社ひつじ書房、株式会社凡人社

 (50音順)