第10回全養協フォーラム開催のご案内


第10回全養協フォーラム

第10回全養協フォーラム「日本語教師の実践力」 

 ≫ ダウンロード(ポスター A2サイズ)

 ≫ ダウンロード(チラシ A4サイズ)

 

日本語教師の実践力

~現状を打破するスキルアップのために!~

 日時:2011年11月20日(日)13:30~16:30(13:00開場)

場所:千駄ヶ谷日本語教育研究所 

(高田馬場校)

 

 全国日本語教師養成協議会では、日本語教育及び日本語教師の質的向上を目的に、毎年、全養協フォーラムを開催しています。

 第10回全養協フォーラムでは、「日本語教師の実践力~現状を打破するスキルアップのために!~」と題し、ホンモノの日本語教師像について考えていきます。

 時代や分野を問わずホンモノだけが生き残る。ホンモノの日本語教師とはどのような存在でしょうか?
それは、どのような現場にもどのような学習者にも対応できる普遍的な実践力を備えた教師です。
では、普遍的な実践力とは何でしょうか?どうすれば身につくのでしょうか。全養協が過去実施した日本語教師検定も素材にして掘り下げる場にしたいと思っています。


第1部では、 伊東祐郎氏をお招きし、「現場で求められる日本語教師の実践力」についてお話しいただきます。

第2部では、過去の全養協日本語教師検定試験Ⅱで出題した授業シーンを素材として、「現場で求められる実践力とは?」についてパネルトークを行います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

~ プログラム ~

第1部 基調講演

「現場で求められる日本語教師の実践力」

講師: 伊東 祐郎氏(東京外国語大学教授・留学生日本語教育センター長) 

第2部 パネルトーク

「現場で求められる実践力とは?」

パネリスト:

小島 真弓氏(東京外語専門学校)

小山 紀子氏(千駄ヶ谷日本語教育研究所)

高野 真司氏(アークアカデミー)

西川 寛之氏(明海大学)

黒崎 誠氏(ラボ日本語教育研修所)[司会]

  

参加費:1,000円(資料代。送料含む)

※後日、フォーラム報告書をお送りいたします。

 

定員:150名

★定員に達しましたので、お申込受付を 締め切らせていただきました。

ありがとうございました。

 

主催:

一般社団法人 全国日本語教師養成協議会

後援:

独立行政法人 国際協力機構、独立行政法人 国際交流基金、特定非営利活動法人 国際日本語研修協会、

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所、東京ボランティア・ネットワーク、社団法人 日本語教育学会

(一部申請中)

協賛:

株式会社アスク出版、株式会社アルク、イカロス出版株式会社、株式会社スリーエーネットワーク、

株式会社ひつじ書房、株式会社凡人社

 (50音順)